相続放棄は期限内に終えることが重要!|支払いno!

握手

遺言書に関すること

オフィス

千葉などの弁護士の中には、相談すると有効的な遺言書の作成をサポートやしてくれる弁護士もいます。遺言は、自分の死後の法定相続に対して影響を与えます。例えば、財産の分配割合などに対する影響です。

詳しく読む

相続義務を放棄する

弁護士

相続放棄とは本来遺産を相続する権利のある相続人が、遺産を相続するという権利を放棄するということです。相続放棄する理由は人それぞれあるかと思われますが、ただ放棄すれば良いというものではなくて、しっかりと手順を踏んで放棄する必要があります。遺産相続とは、故人の遺産を譲り受けるというだけではなくて、その故人が抱えていた借金の返済義務も相続するということなのです。そのため故人が借金を抱えていた場合、支払い義務が無くても借金の返済をすることになります。借金の支払い義務を相続しないためには、しっかりと相続放棄を行なうことが大切です。

相続放棄に失敗しないためには、司法書士に相談するというのが有効的です。相続放棄には、有効期限というものが存在します。相続放棄の有効期限は、相続人だという事実に気づいてから3ヶ月だと言われています。3ヶ月以内に相続放棄をしないと、本来支払うはずのない借金も抱えてしまうのです。相続人だということに気づいて、そして故人が借金を抱えていることが分かったなら、期限が来る前に、早めに司法書士に相談しましょう。
相続放棄に関して、司法書士に相談したいという方はネット上で探すと良いでしょう。インターネット社会の現在では、多数の情報がネットで見ることが可能です。相続放棄に関することもネットには記載されています。また、相続放棄問題に対応している法律事務所のホームページも閲覧できます。ホームページに記載されている情報などを参考に、相談する法律事務所を選びましょう。

対応している相談

PC

東京などの弁護士は、法律に関する問題を解決してくれる心強い存在です。民事事件から刑事事件なども対応しています。事件を解決したいという方や、何か分からない点があるという方は一度弁護士に法律相談しみてはいかがでしょう。

詳しく読む

分配に関すること

デスク

家族の誰かが亡くなってしまった場合に、生じるのが相続問題です。相続問題は、ややこしくて調査も大変です。そして間違えるとトラブルに発展することもあるので、世田谷などの弁護士に相談して解決してもらいましょう。

詳しく読む